ベスト5レシピ
広く浅く一般的でもマニアでもない中途半端な立ち位置から、独断と偏見であらゆる物事をベスト5形式で紹介&レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥田民生シリーズ第一弾 ゲスト参加編ベスト5
奥田民生の大ファンである。
なので奥田民生のベスト5はシリーズ化してお送りする。

第一弾は、ゲスト参加編。
他の人の作品にゲストとして招かれて参加した作品を紹介。

■まずはゲストボーカル参加として最も新しい作品

パンと羊とラブレター パンと羊とラブレター
Fairlife、曽我部恵一 他 (2007/03/07)
SE

この商品の詳細を見る

浜田省吾のプロジェクトユニットのアルバムの中の一曲に参加。
民生の参加曲は、2曲目に収録の「鳥のように消えた日」
ボーカルのみの参加だが、本人作じゃない曲を歌っても、
まるで自分の曲のようにモノにしてしまう民生ボーカルはさすが。
この曲自体もとてもさわやかでポップないい曲なので、
民生ファン以外が聴いても心地よく聴ける。
このアルバムは全編コラボレート作品で構成されているので、
民生以外にも、曽我部恵一やポルノグラフィティなどが参加している。
民生くんが呼ばれたのは、ハマショウと同じ広島出身のよしみからだろうか。
あまり接点はなさそうだが。

■こちらもあまり接点がなさそうな意外な一曲

TOP OF THE POPS TOP OF THE POPS
桑田佳祐 (2002/11/27)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

桑田佳祐ソロベストの中の「光の世界」という曲で
二人のコラボレートが聴ける。
1コーラス目を桑田さんが歌い、2コーラス目を民生くんが歌う。
作詞作曲は桑田佳祐。
桑田佳祐と民生くんとの接点てあまりなさそうに思える。
実際そんなにはないのだろうけど、この曲はAAAという
毎年桑田さんが開催しているイベントで共演した時に
一緒に歌う曲として桑田さんが作ったらしい。
稀代のボーカリストでもある桑田佳祐と歌っても
全然負けていないところが、さすが井上陽水とも互角に渡り合う
民生くんのすごさである。
味わいのあるとてもいい曲なのでぜひ聴いて欲しい。

■こんなこともやってたのか、という一曲

ベリッシマ ベリッシマ
ピチカート・ファイヴ (2004/04/28)
Sony Music Direct
この商品の詳細を見る

まだユニコーン時代の民生くんが参加したのが
このアルバムの中の「これは恋ではない」
この頃、ピチカートのボーカリストだった田島貴男と共演。
ピチカートと奥田民生。これまた何の接点もなさそうだが、
この曲に関しては、とても相性がいいようだ。
その後、スカパラのライブで田島貴男と民生は久方ぶりに再会する。

■変化球として、ギターのみでの参加というパターン。

YES YES
中島美嘉 (2007/03/14)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

6曲目の「DANCE WITH THE DEVIL」という曲のギターを弾いている。
聴けばすぐにわかるほどに民生節のギターが炸裂している。
ギタリストとしても個性が確立されているのを分からせてくれる。
中島美嘉は特に好きではないが、楽曲は時々いい曲を出す。
彼女にはめちゃくちゃ優秀なブレーンがついている点で、
他の同じような立ち位置にいる女性ボーカリストより頭ひとつ抜けているかもしれない。
このアルバムもさすがに粒ぞろいだ。

■奥田民生ゲスト参加での最大の成功作。

BEST OF TOKYO SKA 1998-2007 BEST OF TOKYO SKA 1998-2007
東京スカパラダイスオーケストラ、田島貴男 他 (2007/03/21)
カッティング・エッジ

この商品の詳細を見る

スカパラのゲストボーカルプロジェクト第一弾の
三部作のラストを飾った名曲「美しく燃える森」。
曲が抜群に良かったのもあるが、
ここでの民生ボーカルはカッコイイの一言。
スカパラゲストプロジェクトの中でも、
この曲は飛び抜けたクオリティだと思う。
他のみんなの曲もよかったけど、これは別格。
最近発売されたベスト盤で他の曲とも聴き比べつつ楽しんで欲しい。

■追加作品

NEW DIRECTIONS OF MOONRIDERS NEW DIRECTIONS OF MOONRIDERS
ムーンライダーズ、岡田徹 他 (2006/10/04)
日本クラウン
この商品の詳細を見る

ムーンライダーズの歴史が一目で判る決定版オール・タイム・ベスト。
この中の「Sweet Bitter Candy -秋~冬-」という曲に
奥田民生がデュエットボーカルとして参加している。
玄人受けのムーンライダーズの入門編として最適なアルバム。
スポンサーサイト
ヤンタン卒業記念 玉井健二関連作ベスト5
玉井健二、と聞いて、誰?と思う人は多いかもしれないが、
明石家さんまのヤングタウンというラジオを
聴いている人にはおなじみの名前だ。
14年以上アシスタントを続けていた彼が、
先月末で番組を卒業することになった。

彼の本業は音楽プロデューサーで、
(元々は将来を有望されていたミュージシャンだったが)
その仕事がここへきてかなり軌道に乗ってきたのと、
体調が優れず、こんな状態では周りに迷惑をかけるということで、
番組を卒業する決断に至ったらしい。

僕が、ヤンタンを聴き出したのは、
モー娘。がアシスタントをつとめるようになってからだ。
この番組内では、彼女らはヤン娘と呼ばれている。
初代は、安倍なつみ、保田圭、りんね、の三人だった。
この時の三人組は最高のアンサンブルで、
毎回の放送もとても面白かった。
残念ながら、この三人の卒業以降、この三人の時ほどの
面白さを発揮したヤン娘は一人もいない。
初代が一番面白かったという結果になっている。

そんなことは置いておいて、玉井くんである。
僕はこの番組における玉井くんの存在がとても好きだった。
たいていウロ覚えで喋るさんまさんの細かい情報のフォロー。
控えめにボソッとつぶやく結構面白いツッコミ。
さんま、ショージ、玉井のトリオは絶妙なコンビネーションだった。

そんな玉井くんの声ももう聴けなくなってしまった。
寂しいものだ。物事は変わっていくのだ。

そんな玉井くんの今後の活躍を祈って、
玉井くん特集をお送りしたい。

■まずは現在の音楽プロデューサーとしての仕事から。
このヒットのおかげで独り立ちする自信を持ったのかもしれない。

HEART (通常盤) HEART (通常盤)
伊藤由奈、REIRA starring YUNA ITO 他 (2007/01/24)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

2曲以外のすべてのサウンドプロデュースをやっている。
正直、伊藤由奈は一発屋になるかと思っていたが、
意外とところどころでヒットを出し、
今も生き残っているし、アルバムは大ヒットをした。
大作映画の主題歌のようなスケール感の大きい歌を歌える表現力がある。
歌い上げる感じの王道バラードが似合う歌手である。
曲もドラマチックな曲が多いので、ベタな感動が好きな人や
そういうのに弱い人には最適なアルバムになっている。
ある意味、とても高品質なアルバム。

■ここに関わっていることを知って驚いたのがこれ。

Wave (初回限定盤)(DVD付) Wave (初回限定盤)(DVD付)
YUKI (2006/09/06)
ERJ

この商品の詳細を見る

ビッグネームだ。
まさかYUKIちゃんのプロデュースをしていたとは。
個人的には、JUDY AND MARYの頃はあまり興味なかったが、
ソロになってからのYUKIちゃんのスタンスや曲は好きで聴くようになった。
どうやら知らず玉井くんプロデュースの音を聴いていたようだ。
これは今のところのYUKIの最新アルバム。
アニメ「ハチクロ」の主題歌や映画「タッチ」の主題歌など、
タイアップソングも多数収録されたポップな一枚。
YUKIソロを聞いたことがない人にも入りやすい好盤。

※玉井くん関連で初の1位になった記念作がこれ↓
joy / YUKI

■アルバムではないけど、こんなこともやっている意外な曲

恋のダウンロード 恋のダウンロード
仲間由紀恵 with ダウンローズ (2006/03/15)
ERJ

この商品の詳細を見る

企画もので、たった一枚だけの活動だが、
結構話題になったし、そこそこヒットもした。
作曲が筒見京平だったことは知っていたが、
まさか音作りに関わっているとは思わなかった。
玉井くん思った以上にいろいろ仕事してるんだな。
さすがの筒見メロディだけに耳に残る歌である。

■今は解散してしまったけど…

16 ~sixteen~ 16 ~sixteen~
推定少女 (2003/10/01)
ERJ

この商品の詳細を見る

エッチなヴィジュアルで一部マニアに大受けしていた
二人組アイドルユニット。
アニメ「ワンピース」の主題歌など
大型タイアップがあったにも関わらず
結局ブレイクを果たせないまま2006年に解散してしまった。
ヴィジュアルに捉われずにちゃんと曲を聴くと、
キャッチーで聞きやすい高純度なアイドルポップスとして
とてもよく出来ている。
二人のルックスも高レベルだったし、惜しい存在だった。
少し早すぎたのかもしれない。

※最後のアルバムになった2ndはこれ↓
17’s Heaven / 推定少女

■最後はやはり、本人の作品を。

CHIBBY CHIBBY
玉井健二 (1993/08/25)
ポリスター

この商品の詳細を見る

とは言っても、絶盤です。
今は中古で買う以外に手はないかと思います。
僕は以前まだ売っていた頃に入手しているので、
音はちゃんと聴いてます。
これは玉井くん唯一のソロアルバムで、
曲は全体的に粒揃いで、いい曲多い。
でもなぜか玉井くんはシンガーに徹していて、
曲は全部他人が作っている。
ちなみにプロデューサーは原田真二。
作曲陣には、林田健司,松尾清憲,伊秩弘将,井上ヨシマサなど
結構豪華なメンバー。
ただ玉井くんのボーカルは好き嫌いが別れそう。
うまいのだが、かなりねっちょり歌う。
その粘っこさに乗れない人はキツイかもしれないが、
アルバム自体はかなりの良盤である。
これがもう少し売れていたら、玉井くんの今は変わっていたはず。

■おまけ

抱きしめたい 抱きしめたい
Base Ball Bear (2007/04/04)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

最後が絶盤で終わるのも締まらないので、
玉井くんのこれからの活動を示す作品で締めようと思う。
これはBase Ball Bearというインディーズ出身のバンドの最新曲。
玉井くんはこの曲からプロデューサーとして参加。
おそらくこれからしばらく関わることになるだろう。
このバンドのべーシストの女の子が映画「リンダリンダリンダ」に
主役の一人として出演したことでも話題になった。
これからのブレイクが期待されるバンドである。

以上、玉井くんの音楽家としての業績を紹介してみた。
大阪時代のライバル・つんくが失速した今、
今度は名プロデューサーとして玉井くんが大きくなってくれるのを期待している。

玉井くんの抜けたあとのヤンタンを聞くと、物足りなさが残る。
今までありがとう玉井くん。楽しかったです。
copyright © 2005 ベスト5レシピ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。